FC2ブログ

離婚行政書士【同じするなら賢く離婚しませんか?】

知らないだけで損するなんてもったいない!少しの法律知識を身に付けて、損しない、後悔しない生き方を。行政書士による賢い離婚講座。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借金も財産ですが・・・

財産分与とは、基本的に婚姻中に築かれた財産を清算するもの。


借金も財産ですので、財産分与の対象となります。




が、財産分与とは、プラスの財産の清算です。


財産が全く無く、借金しかないという場合には、財産分与の対象外となります。




つまり、預貯金などプラスの財産が500万円あり、借金が200万円あった場合・・・

借金も財産ですから、財産分与の対象となり、


500万円-200万円=300万円を夫婦で分けることになります。



が、預貯金などプラスの財産が全くなく、200万円の借金しかないという場合は、この借金を2人で分けるという考え方はされていません。

結局債務者本人が支払っていくこととなります。

(相手方が合意の上で、支払ってくれると言えば別ですが)





また、よく問題となるのが、家の価値よりもローン残高の方が上回っている場合です。


家の価値が3000万円だが、ローンが3500万円あるという場合、500万円のマイナスとなりますが、債務者は他方にその支払の半分を請求することが出来るのでしょうか?




夫が債務者とした場合、夫は妻に残債務の半分を支払えといいたいところでしょうが、上記にもあるように、財産分与とはプラスの財産の清算と考えられていますので、妻がいくらか支払いますと合意してくれれば別ですが、結局債務者が負担していくこととなるでしょう。

※住宅ローンの残債務を妻に分担することを命じた判例は今までありません。




○判例では・・・

ローン残が不動産の時価を上回る場合において


「不動産の価値はゼロであって、積極財産として存在していない。清算するべき資産がないのであるから、返済した住宅ローンの一部を財産分与の対象とすることはできない」

とされています。





以上から、夫婦に資産が不動産しかなく、しかもその不動産がオーバーローンの場合、財産分与の対象とはならないということ。


つまり、妻から過去の住宅ローン返済分の1/2相当額の請求をしても認められず、他方で夫から妻に離婚時の住宅ローンの超過部分の1/2相当額の請求をしても認められないということになります。

 



財産分与は協議の上で、決めることが出来ますので、上記の考え方によらずに解決をされている方もいます。


離婚のときはお互いに責めあい、話し合いができない状態になることが少なくありませんが、そうなると長期的になるばかりか、無駄な費用を使うことにもなりかねません。


お互いが譲歩し、少しの妥協も必要かもしれませんが、なるべく公平に和解できるよう話を進めていくことが早期解決のカギではないでしょうか。





現在の人気ランキングは何位?←クリックすると確認出来ます。


浜松市・静岡市・豊橋市・磐田市・袋井市・掛川市・湖西市・清水市・藤枝市・焼津市・島田市・菊川市・富士市・富士宮市・沼津市・三島市・裾野市・御殿場市・伊豆の国市・伊豆・御前崎市・牧之原市・静岡県【全国対応】の離婚相談→行政書士酒井志保法務事務所



応援してくださっている皆さん、いつもありがとうございます       にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

shiho-office

Author:shiho-office
離婚専門の行政書士をしております。

名前:  酒井志保
血液型: O型
出身地: 静岡県浜松市
事務所名:行政書士酒井志保法務事務所

★離婚相談・ 別居相談
★離婚協議書の作成
★公正証書の作成
★別居合意書の作成
★養育費請求
★別居中の生活費(婚姻費用請求)
★年金分割手続き
★各種合意書の作成
★各種内容証明作成


初回メール・ファックス相談無料。
             全国対応

出張面談・・浜松市 磐田市 掛川市
        袋井市 湖西市 静岡市
豊橋市 名古屋市など静岡近郊

離婚相談専門の女性行政書士があなたのご相談・お悩み・ご質問に答えます。

お問合わせ、ご質問はホームページからどうぞ。
行政書士酒井志保法務事務所

電話番号 053-443-7039

メールアドレス info@shiho-office.jp

営業時間 9:00~18:00(平日のみ)


お問合わせ、ご質問はホームページからどうぞ。
行政書士酒井志保法務事務所




静岡県、磐田市、袋井市、掛川市、
菊川市、静岡市、豊橋市、焼津市、
藤枝市、清水、富士市、牧之原市、
富士市、富士宮市、御前崎市、沼津市など、遠方の方からも多くご依頼いただいております。

離婚協議書・公正証書作成は全国対応です。




       banner_br_bear.gif


★携帯サイトはこちら→
  ★離婚相談は女性行政書士へ

  ★女性行政書士の離婚相談【浜松 豊橋 静岡 磐田】

離婚公正証書・離婚協議書作成事務所  


離婚公正証書・離婚協議書作成事務所


      

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。