FC2ブログ

離婚行政書士【同じするなら賢く離婚しませんか?】

知らないだけで損するなんてもったいない!少しの法律知識を身に付けて、損しない、後悔しない生き方を。行政書士による賢い離婚講座。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚を言い出した方が不利?

             
ご相談に来られる方で、離婚を言い出した方が不利になると思われている方も少なくありません。



不利になるとは=離婚を自分から言い出すと、離婚の際に慰謝料を支払わなくてはいけないのでは?


また、財産分与の面で不利になるのではないか?


などという心配をされていらっしゃるようですが・・・






離婚を言い出した方が不利になるのでしょうか??



いいえ、離婚を言い出した方が不利になるわけではありません。




離婚理由は、あくまでも離婚の際にどちらが原因で離婚に至ったかで判断されます。


また、慰謝料とは相手の不法行為により精神的損害を被った場合に相手に慰謝してもらうものです。


ですから、不法行為をした方が支払わなければなりません。





わかり易く言うと、夫の不倫や暴力が原因で、妻が離婚を言い出したとします。


この場合、離婚理由は、夫の不倫や暴力ですから、夫が慰謝料を支払わなければならないということです。


妻は離婚を言い出したからといって、不利になるわけではなく、慰謝料を支払う必要もありません。





また、財産分与とは、婚姻中に築かれた財産を清算するものです。


どちらが原因で離婚に至ったかは考慮されません。



つまり、夫が不倫をしたからといって、財産分与の額が少なくなるということはありません。


もちろん、妻が離婚を言い出したからといって、財産分与の額が少なくなるということもありません。



一般的には夫婦で財産を半分ずつ分けます。





夫の不倫が原因で離婚に至ったのに、夫にも財産を半分あげないといけないの?と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、夫の不倫により被った精神的損害は慰謝料で償ってもらうこととなります。




慰謝料についてはこちらもご参考に→慰謝料




現在の人気ランキングは何位?←クリックすると確認出来ます。


浜松市・静岡市・豊橋市・磐田市・袋井市・掛川市・湖西市・清水市・藤枝市・焼津市・島田市・菊川市・富士市・富士宮市・沼津市・三島市・裾野市・御殿場市・伊豆の国市・伊豆・御前崎市・牧之原市・静岡県【全国対応】の離婚相談→行政書士酒井志保法務事務所



応援してくださっている皆さん、いつもありがとうございます       にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

shiho-office

Author:shiho-office
離婚専門の行政書士をしております。

名前:  酒井志保
血液型: O型
出身地: 静岡県浜松市
事務所名:行政書士酒井志保法務事務所

★離婚相談・ 別居相談
★離婚協議書の作成
★公正証書の作成
★別居合意書の作成
★養育費請求
★別居中の生活費(婚姻費用請求)
★年金分割手続き
★各種合意書の作成
★各種内容証明作成


初回メール・ファックス相談無料。
             全国対応

出張面談・・浜松市 磐田市 掛川市
        袋井市 湖西市 静岡市
豊橋市 名古屋市など静岡近郊

離婚相談専門の女性行政書士があなたのご相談・お悩み・ご質問に答えます。

お問合わせ、ご質問はホームページからどうぞ。
行政書士酒井志保法務事務所

電話番号 053-443-7039

メールアドレス info@shiho-office.jp

営業時間 9:00~18:00(平日のみ)


お問合わせ、ご質問はホームページからどうぞ。
行政書士酒井志保法務事務所




静岡県、磐田市、袋井市、掛川市、
菊川市、静岡市、豊橋市、焼津市、
藤枝市、清水、富士市、牧之原市、
富士市、富士宮市、御前崎市、沼津市など、遠方の方からも多くご依頼いただいております。

離婚協議書・公正証書作成は全国対応です。




       banner_br_bear.gif


★携帯サイトはこちら→
  ★離婚相談は女性行政書士へ

  ★女性行政書士の離婚相談【浜松 豊橋 静岡 磐田】

離婚公正証書・離婚協議書作成事務所  


離婚公正証書・離婚協議書作成事務所


      

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。