FC2ブログ

離婚行政書士【同じするなら賢く離婚しませんか?】

知らないだけで損するなんてもったいない!少しの法律知識を身に付けて、損しない、後悔しない生き方を。行政書士による賢い離婚講座。

Category [財産分与 ] 記事一覧

スポンサーサイト

借金も財産ですが・・・

財産分与とは、基本的に婚姻中に築かれた財産を清算するもの。借金も財産ですので、財産分与の対象となります。が、財産分与とは、プラスの財産の清算です。財産が全く無く、借金しかないという場合には、財産分与の対象外となります。つまり、預貯金などプラスの財産が500万円あり、借金が200万円あった場合・・・借金も財産ですから、財産分与の対象となり、500万円-200万円=300万円を夫婦で分けることになります。が、預貯金...

相手の財産を知るには

いざ離婚となると、どこにどれ位の財産があるか分からない!相手がどうやら財産を隠し持っているかもしれない!?という方。そのような場合、どのようにして相手の財産を知ることが出来るのでしょう?①まずは、相手に聞いてみる。が、相手は 「貯金なんかないよ!!」の一点張り。全く対応してくれないという場合は、第三者を入れて相手を説得してみましょう。②家庭裁判所に調停を申し立て、調停委員に 「相手が財産額を教えてく...

今、家にどれ位の預貯金があるか把握していますか?

離婚時には、子供のことやお金のことが問題となってきます。その中でも、財産分与について、離婚時に備えておくこととは??「財産分与」とは、基本的には夫婦婚姻生活中に築かれた財産の清算です。裁判例は色々ありますが、別居開始時までの共有財産(婚姻中に築かれた財産)を原則二分の一ずつ分けるというものです。ということは、“別居時にはこれくらいの財産があった”ということを具体的に知っている必要があります。つまり、...

離婚時、子供名義の預金はどうする?

離婚時に問題となってくるのが、財産のこと。そこで、夫名義、妻名義の預貯金等があると思いますが、これは名義にかかわらず婚姻中に築かれた財産は財産分与の対象となりますので、離婚時に夫婦で分けます。つまり、夫名義の預金だとしても、婚姻中に築かれたものは財産分与の対象となり、妻に半分を分けなければならないということ。(清算割合は自由ですが、通常は専業主婦であっても二分の一を主張出来ます)では、子供名義の預...

離婚時、ローン付き不動産はどうする?~財産分与

離婚時に問題となってくる一つとして、財産のことがあります。特に、持ち家の場合、離婚後はどちらかが住み続けるのか? 所有者でない方が住み続ける場合、名義変更はどうするのか?それとも売って別のところに住むのか?   など考えなければならないことが色々出てきます。ローンが全く残っていない場合、財産分与の方法としては・・・①売却して、金銭を2人で分ける②売却しない場合は、不動産の時価を調べ、住み続ける方が家...

左サイドMenu

プロフィール

shiho-office

Author:shiho-office
離婚専門の行政書士をしております。

名前:  酒井志保
血液型: O型
出身地: 静岡県浜松市
事務所名:行政書士酒井志保法務事務所

★離婚相談・ 別居相談
★離婚協議書の作成
★公正証書の作成
★別居合意書の作成
★養育費請求
★別居中の生活費(婚姻費用請求)
★年金分割手続き
★各種合意書の作成
★各種内容証明作成


初回メール・ファックス相談無料。
             全国対応

出張面談・・浜松市 磐田市 掛川市
        袋井市 湖西市 静岡市
豊橋市 名古屋市など静岡近郊

離婚相談専門の女性行政書士があなたのご相談・お悩み・ご質問に答えます。

お問合わせ、ご質問はホームページからどうぞ。
行政書士酒井志保法務事務所

電話番号 053-443-7039

メールアドレス info@shiho-office.jp

営業時間 9:00~18:00(平日のみ)


お問合わせ、ご質問はホームページからどうぞ。
行政書士酒井志保法務事務所




静岡県、磐田市、袋井市、掛川市、
菊川市、静岡市、豊橋市、焼津市、
藤枝市、清水、富士市、牧之原市、
富士市、富士宮市、御前崎市、沼津市など、遠方の方からも多くご依頼いただいております。

離婚協議書・公正証書作成は全国対応です。




       banner_br_bear.gif


★携帯サイトはこちら→
  ★離婚相談は女性行政書士へ

  ★女性行政書士の離婚相談【浜松 豊橋 静岡 磐田】

離婚公正証書・離婚協議書作成事務所  


離婚公正証書・離婚協議書作成事務所


      

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。